2020/10/08

4ヶ月連続で Shopify アプリをリリースした話(3/5) - "Quick Order Printer かんたん帳票出力”

前回のエントリ: 4ヶ月連続で Shopify アプリをリリースした話(2/5) - "越境EC向けにストアを翻訳 ‑ Interlingue”

アプリ第2弾

Shopify アプリ第1弾の Interlingue を無事リリースすることが出来たので、本来ならこのアプリをプロモーションするプロセスへ進まなくてはならないのですが、ふと別のアプリのアイディアが頭に浮かんでしまいまして、Shopifyアプリ開発の技術スタックが自分の中でホットなうちにもう少し手を動かして確かなものにしたいということもあり、次のアプリの開発に着手しました。

アプリ第2弾は「Quick Order Printer かんたん帳票出力」という領収書/納品書/請求書を簡単に作成することができるアプリです。

詳細なアプリの紹介は、Shopify公式ブログに寄稿させていただいた下記の記事に詳しいので、そちらを御覧ください。

D2Cスタートアップに最適な領収書・納品書・請求書作成アプリ

開発期間

Interlingueの開発中から、「このAPI/Polaris Componentを使えばこんなことができるな」とか、「こんなアプリあったら便利だな」とかぼんやり考えていたこともあって、作り始めたら思ったより早く完成しました。リポジトリ作成したのが 6/9 でレビューにSubmitしたのが 6/19 なので、正味10日ですね。それに加えて Shopify の API および Polaris コンポーネントの生産性の高さの恩恵も十分にあるかと思います。

技術基盤

Node.js/Next.js, GraphQL/Apollo, Polaris/App Bridge

Interlingue とほぼ同じ構成です。

サーバ構成

  • Heroku (hobby dynos)
  • Mixpanel (効果測定)
  • Sentry (エラー・障害検知)
  • Google Analytics (効果測定)
  • Google Forms (サポート用リクエストフォーム)

アプリの多言語化は今回は日本語の他に英語のみです。おいおい増やしていこうと思っています。

アプリの設定はすべて Private Metafields に格納しています。書類に社印も印字できるのですが、その画像ファイルも Base64 エンコードした文字列を Private Metafields に保存しています。サイズの制限があるので注意が必要です。本アプリでは画像サイズは最大 40KB としています。

リリースまでの軌跡

2020/06/19 16:34

申請

アプリの申請当初は「Documents」というアプリ名でした。

2020/06/21 15:11

ちょっと直したいところができてしまったので、一度Withdraw(取り下げ)をしました。申請中でも取り下げをすることは可能で、修正後再度申請をすることが出来ます。

2020/06/21 17:43

再申請

2020/06/30 3:21

Rejected(却下)

下記の理由により却下されてしまいました。前回の審査では却下ではなくレビュー担当者とのやり取りの中で修正しながらすすめるという形でしたが、今回は却下なので修正して再度申請する必要があります。

1: Your app name cannot be a generic feature. Please update your name to something that is unique and true to your app. Ensure you also update your app name in the partner dashboard to match this as well.

あなたのアプリの名称を一般的な機能を表すものにすることはできません。あなたのアプリを忠実に表すユニークな名前に変更してください。これに合わせて、パートナーのダッシュボードでもアプリ名の変更をしてください。

2: Your app does not need Shopify's API to function. Apps that do not need to use Shopify's API to function are not considered suitable for the Shopify App Store. We require all app developers to use our API's to automate the app as much as possible. This will ensure that the app will best serve Shopify's merchants. You can find more information regarding our API by checking out our developer page.

あなたのアプリが機能するためにShopifyのAPIを必要としていません。ShopifyのAPIを必要としていないアプリは、Shopify App Storeには適していません。アプリ開発者の皆さんは当社のAPIを使って可能な限りアプリを自動化することが要求されます。これにより、アプリがShopifyのマーチャントに最高のサービスを提供できるようになります。当社のAPIに関する詳細は、開発者ページをご覧ください。

アプリの名称をDocuments から Quick Order Printer に変更しました。2つ目の指摘に関してはShopifyのAPIを使って注文情報を取得したりしているので、何かのミスかも知れません。

2020/06/30 9:20

Submit (再申請)

2020/07/14 0:44

Approved (承認)

今回は最後に申請してから2週間かかりましたが、とくにやり取りはなく無事承認されました。

パートナーフレンドリーアプリ

8/2 にパートナーフレンドリーアプリに対応したバージョンをリリースしました。

パートナーフレンドリーアプリとは、Shopifyパートーナーに向けてアプリを試用してもらうための仕組みです。これによりパートナー経由でのアプリの普及およびリリース前の開発ストアでのフル機能のチェックをすることが可能になります。

アプリ側では、インストールされたストアが開発ストアかどうかをチェックして、もし開発ストアであればすべての機能が無料で利用できるような実装を施す必要があります。開発ストアにもいくつかあるのですが、「移行可能な」開発ストアを調べるには、なぜかREST API でしか知ることができませんでした。GraphQLでも調べられるようにしてほしいです。

まとめ

6月に最初のアプリをリリースしてからわずか一ヶ月足らずで二本目のアプリをリリースすることができました。

このあと三本目のアプリの開発に突入します。それはまた次回のエントリで書かせていただきます。


文責: イマダ @ Mixlogue inc.